大阪大学
高度副プログラム「社会の臨床」
CO

PROGRAM

教育プログラム

高度副プログラム「社会の臨床」

趣旨・概要

21syakainorinsyo_image.jpeg異なる文化背景、病気、障害、ジェンダーや性、経済状態、その他さまざまな理由により、生きづらさを抱えるひとたちの経験は、社会の主流・標準となるものによって周辺化、不可視化される一方で、そのようなマイナーな生き方は、社会の抱える根本の問題について、たいせつな気づきや生きるための知恵を与えてくれます。
本プログラムは、こうしたマイナーな生の引き受ける〈弱さ〉ゆえの知恵に着目し、それを受講者とともに見極め、多様で包摂的な社会のための臨床の知の育成をめざします。
(関連するテーマ:当事者研究、障害学、フェミニズム、ジェンダー・スタディーズ、セクシュアリティ、識字教育、臨床哲学、多文化共生ほか)

到達目標(修了時に身に付く能力)

  • 対話型授業、表現学習、問題発見型授業を通して多様なマイナーな生の経験に根ざした臨床的知を涵養し、それに基づく対話力と社会的構想力を身につける。
  • 当事者たちとともに変革(アクションリサーチ、インクルーシヴリサーチ等)に向かうための課題発見・課題解決の基礎となる知識、態度、実践力を身につける。

カリキュラムの構成

◯臨床の知に関する総合的な学習のための〈選択必修科目A〉下記科目から2単位以上

  • 「横断術(当事者どうしの対話を学ぶ)」(当事者支援に関わるひとが対象)
  • 「COデザイン演習(マイノリティ・セミナー)」または「協働術B/マイノリティ・セミナー」(当事者に関わる幅広い活動を展開するひとが対象)

◯基礎となる対話や実践知を習得するための〈選択必修科目B〉:下記科目から2単位以上

  • 「対話術AまたはB」「COデザイン演習(マイノリティ・ワークショップ)」

◯多様なテーマについて考え表現するための知識や実践を学ぶ〈選択科目〉:下記より選択

  • COデザインセンター開講コミュニケーションデザイン科目より関連科目(以下参照)
  • 「臨床哲学講義」(文学研究科)、「共生の人間学特講Ⅱ」(人間科学研究科)

※選択必修科目Aは選択必修科目Bを受講後に受講するのが望ましい。

履修対象者

学部5年・6年次、修士・博士

修了要件

8単位以上
選択必修科目A2単位以上と選択必修科目B2単位以上を含む8単位以上を修得すること。

履修資格・条件

とくになし。

受講生へのメッセージ

前提知識は不要です。文系理系を問わず様々な分野の学生の受講を期待します。

本プログラムの説明会など

⾼度副プログラム「社会の臨床」対面+オンライン説明会
2022年4月8日(金)18:30〜19:00


■ 大学院副専攻プログラム・大学院等高度副プログラムのオンライン合同ガイダンス

ウェブサイト開設日:2022年3月25日(金)
詳細はこちらのページをご覧ください。

構成科目

時間割

コード
授業科目名 単位数 開講学期

(4学期制)
曜日
時限
開講部局
(課程)
備考
選択科目
211748 共生の人間学特講 2.0 秋〜冬 ㊌4 博士前期課程
3B1206 ライティングA(クリエイティヴ・ライティング) 2.0 春〜夏 ㊎6 コミュニケーションデザイン科目
3B1301 身体表現術 1.0 集中 他その他 コミュニケーションデザイン科目
3B1303 感性表現術B(創作ワークショプ/音楽) 1.0 集中 他その他 コミュニケーションデザイン科目
3B1304 感性表現術C(創作ワークショプ/ダンス) 1.0 集中 他その他 コミュニケーションデザイン科目
3B1307 表現術B(芸術と社会包摂) 2.0 春〜夏 ㊋4 コミュニケーションデザイン科目
3B1514 医療協働術(サイコオンコロジーと健康心理学) 2.0 集中 他その他 コミュニケーションデザイン科目
450401 ジェンダー・セクシュアリティ研究基礎講義 2.0 春〜夏 ㊎3 博士前期課程
458205 臨床哲学講義 2.0 秋〜冬 ㊋3 博士前期課程
458207 ジェンダー・セクシュアリティ研究基礎講義 2.0 秋〜冬 ㊊3 博士前期課程
選択必修科目A
3B1106 対話術特論A(当事者との対話) 2.0 ㊊5、㊊4 コミュニケーションデザイン科目 2022年度不開講
3B2505 COデザイン演習(マイノリティ・セミナー) 2.0 秋〜冬 ㊎5 COデザイン科目
3B2608 横断術(当事者どうしの対話を学ぶ) 2.0 集中 他その他 COデザイン科目
選択必修科目B
3B1115 対話術A(哲学対話入門A) 2.0 春〜夏 ㊊5 コミュニケーションデザイン科目
3B1116 対話術B(ケアと探究のための対話) 2.0 集中 他その他 コミュニケーションデザイン科目
3B2404 マイノリティ・ワークショップ 2.0 春〜夏 ㊎5、㊎4 COデザイン科目 2022年度不開講

構成科目(学部生)

時間割

コード
授業科目名 単位数 開講学期

(4学期制)
曜日
時限
開講部局
(課程)
備考
選択科目
3B1206 ライティングA(クリエイティヴ・ライティング) 2.0 春〜夏 ㊎6 コミュニケーションデザイン科目
3B1301 身体表現術 1.0 集中 他その他 コミュニケーションデザイン科目
3B1303 感性表現術B(創作ワークショプ/音楽) 1.0 集中 他その他 コミュニケーションデザイン科目
3B1304 感性表現術C(創作ワークショプ/ダンス) 1.0 集中 他その他 コミュニケーションデザイン科目
3B1307 表現術B(芸術と社会包摂) 2.0 春〜夏 ㊋4 コミュニケーションデザイン科目
3B1514 医療協働術(サイコオンコロジーと健康心理学) 2.0 集中 他その他 コミュニケーションデザイン科目
選択必修科目A
3B1106 対話術特論A(当事者との対話) 2.0 ㊊5、㊊4 コミュニケーションデザイン科目 2022年度不開講
3B1502 協働術B(マイノリティ・セミナー) 2.0 秋〜冬 ㊎5 コミュニケーションデザイン科目
選択必修科目B
3B1115 対話術A(哲学対話入門A) 2.0 春〜夏 ㊊5 コミュニケーションデザイン科目
3B1116 対話術B(ケアと探究のための対話) 2.0 集中 他その他 コミュニケーションデザイン科目
3B1404 訪問術E(マイノリティ・ワークショップ) 2.0 春〜夏 ㊎5、㊎4 コミュニケーションデザイン科目 2022年度不開講

※学生は、上位課程の科目を履修できません(例えば、博士前期課程の学生による博士後期課程科目履修等)ので、
 履修対象者が複数の課程にわたる場合は、科目構成等に留意ください。
※学生向け案内冊子の原稿作成にあたり、同一の項目については本提案書の記載事項をそのまま流用しますのでご留意ください。

  • 各授業科目の講義日程及び講義室、集中講義の講義日程については、KOANからシラバスを参照してください。

大学院副専攻・大学院等高度副プログラムについて

COデザインセンターでは、大阪大学の在学生向けに下記4つの大学院副専攻・大学院等高度副プログラムを開講しています。
プログラムの詳細については、各案内ページをご覧ください。

  • Access
  • Contact us
  • Facebook
  • Instagram