かならず 読んでください

痛みの文化人類学

Medical Anthropology of human pain

池田光穂

——広島において原爆がなしたことは、痛みが医学的 に「取りあげられてしまっている」社会の累積的な影響の理解の助けになるかもしれない。痛みは、もしそれが鈍化されれば、その関連する性格を失い、無意味 で疑問の余地のない残りものの恐怖を生み出すであろう。……痛みを殺すこと(pain-killing )で、人々は、自分自身の次第に枯れ衰えていく自我を無感情に眺める者になって来ているのである。イヴァン・イリッチ(1976)[金子嗣郎訳 1998:120-121]

"What the bomb did in Hiroshima might guide us to an understanding of the cumulative effect on a society in which pain has been medically "expropriated." Pain loses its referential character if it is dulled, and generates a meaningless, questionless residual horror....  Increasingly, pain-killing turns people into unfeeling spectators of their own decaying selves. " - MEDICAL NEMESIS: THE EXPROPRIATION OF HEALTH, by IVAN ILLICH, 1976



 痛みとその解釈の歴史



 痛みを取り去ること



 痛 み経験の民族差



 試 練としての痛み



 痛みの文化的意味



献辞





(c) Mitzub'ixi Quq Chi'j. Copyright 1992-2018

San Gerolamo scrivente, por Caravaggio, 1573-1610

池田蛙 医人蛙 授業蛙 子供蛙 電脳蛙